いじめっこ女子と無人島に漂流したらを無料立ち読みしてみた

いじめっこ女子と無人島に漂流したらなんていう漫画の事が最近気になって、思わず無料立ち読みしてみました。

するとどういう事か、表紙絵を見ると、むしろ女の子がいじめられているように見えるから不思議です。

背景を見ると、既に無人島に漂着している感じなので、何となく納得です。

そんないじめっこ女子と無人島に漂流したらのあらすじ概要がわかる無料立ち読み用サンプルですが、どうやらスマホでもPCでも読めちゃうみたいですね。

実際にいじめっこ女子と無人島に漂流したらを立ち読みすると、無人島へ漂流する数日前の話が出てきました。

学校のあるクラスで担任が修学旅行で南の島へ行く事を話しています。

早くもいじめっこ女子と無人島に漂流しそうなフラグが立ってますね。

でも、この教師、思いっきり生徒達にイジメというかスルーされていて超可哀想です。

その教師は熊谷という生徒たちの一部から熊ちゃんと呼ばれる、それなりにキモメンでした。

そこへ舟崎未海という少々肉付きが良い可愛いけど性格最悪な女子生徒が現れ、激しく熊谷を罵倒します。

なるほど、この娘にえっちな反撃をするわけですね。

立ち読み版では、無人島での反撃シーンがダイジェストで拝めました。

お試し段階の何ページかで、こんな微妙に良いところを繋げて見せられたら、もう本編へ進むしかありませんでした。

こうしていじめっこ女子と無人島に漂流したらを無料立ち読みしてみた結果、スゴく読書意欲が煽られたのです。

いじめっこ女子と無人島に漂流したらの本編1話を実際に読んでみた

いじめっこ女子と無人島に漂流したらの本編を1話から実際に読んでみました。

本編は、いきなり南の島が出てきて、ちょっとビックリです。

熊谷と未海の二人が、既に漂流済みという場面でした。

どうやら同級生達の登場はなさそうですね。

不安がる舟崎未海

立ち読み版時との違いは、学校のシーンから始まるか南の島かという点ですね。

いじめっこ女子と無人島に漂流したらという名からすると、本編の方が雰囲気が出ている気がします。

あと、いじめっこモードの舟崎未海を見てからだと、不安げな表情で初登場する本編の未海は普通の美少女に見えてきますね。

直後、学校のシーンに戻るので、いじめっこ女子と無人島に漂流したらのサンプルを読んでからだと変な気分です。

まあ、普通に未海が胸糞悪い生意気な態度の女子生徒だという事だけは、全く変わりませんでしたけどね。

いじめっこ女子に復讐開始

熊谷をいじめまくる未海というシーンがあるからこそ、無人島での反撃が盛り上がるわけですよ。

とりあえず、いじめっこ女子と無人島に漂流したら1話は、一般的に超たくさんストレスが溜まるかもしれないと言っておきますね。

漂流した原因もクルーズ船で、彼氏に会おうとして勝手に嵐の中、部屋を出た未海なのだから、読んでいて早く陵辱して欲しい気分になります。

熊谷先生の逆襲は1話の後半からなので、色んな方向でスッキリしたいなら、序盤もじっくりと読む方が良いかも。

これが、いじめっこ女子と無人島に漂流したらの本編1話を実際に読んでみた感想ですね。

いじめっこ女子と無人島に漂流したらは2話から本気の逆襲だ

いじめっこ女子と無人島に漂流したらの2話に入ると、遂に熊谷が本気で主導権を握り逆襲を始めていました。

彼がこれまで未海から散々受けていた屈辱を考えると、行動に選択の余地なんてありません。

軽くネタバレすると、熊谷がオレのターンとばかりに未海のむっちりした胸を晒し、さらにパンツを無理矢理脱がせると、毛が微妙に生えそろった割れ目が登場で大人への発育過程といった感じです。

はい、見た目だけでも可愛い女子生徒のパンツを脱がせて中身を確認するとか、とんでもない萌えシチュですね。

いつもいじめていた教師からの性的な教育という屈辱を受けて、泣いてしまう未海は、普段と違うだけに少し可愛いです。

熊谷は調子に乗って、いじめっこ女子の小さな秘密の部分をくぱぁします。

いじめっこ女子を屈服させろ

これまで強い立場からメチャクチャ罵倒されていたクソ生意気な女子生徒の一番恥ずかしい所を視姦ですね。

勿論、見るだけで終わる訳がなく、そのままゴツい手で未海の敏感な所を執拗に弄くり回します。

超絶に嫌がっているはずのいじめっこ女子ですが、何だか呼吸を荒げてビクンビクンと反応していました。

しかも、こんなキモい相手に弄られて、そのまま潮吹き絶頂とか面白すぎです。

こうしてグチャグチャになった未海の女の子の部分に、救助が来る前に突っ込む事にした怒り爆発状態の熊谷先生。

激しくイカされた後でも、まだ文句を言い続ける未海ですが、身体は無抵抗になっていてヤリ放題のがイイ感じです。

それより、既に5回もイカされていた事にビックリですよ。

このいじめっこ女子は、どうやらとても感じやすい身体だったみたいですね。

いじめっこ女子と無人島に漂流したら2話までの感想まとめ

勿論、彼の恨みは、この程度では全然晴れるわけがありません。

さらに「お前を徹底的に犯してやる」とばかりに、未海に対して言葉攻めしつつ、指でヒクつくアソコを攻め倒します。

まだまだ元気に口答えする女子生徒でしたが、弱点を発見されると本日6度目の絶頂です。

そして間髪入れずに小さな膣口に超デカい熊谷のモノを挿入にかかりました。

この辺で気付きましたが、いじめっこ女子と無人島に漂流したらって、1つの話が長いですね。

いじめっこ女子と無人島に漂流したらは、2話だけでも、こんなに長く凌辱系えっちシーンが楽しめています。

とりあえず、いじめっこ女子と無人島に漂流したらの2話で、先生が本気の逆襲する様子を見ると、何だか得した気分になれました。

いじめっこ女子と無人島に漂流したらの3話直前に舟崎未海の処女を奪うぞ

いじめっこ女子と無人島に漂流したらは、3話に入る前にヒロイン舟崎未海の処女を熊谷が奪います。

それに至るまでの前戯が、ヤバイくらい濃厚でした。

でも、いじめっこ女子と無人島に漂流したら3話以降の挿入後は、もっと濃厚な展開でした。

未海は、ムッチリ系の巨乳娘の割に小さくて軽い身体みたいで、熊谷に軽々と持ち上げられてます。

未海は熊谷に騎乗位でガンガン下から突き上げられながら、実技の保健体育タイムです。

相変わらず、嫌々ヤラれて悪態をつきまくるいじめっこ女子ですが、メッチャ泣きながら声を発していますね。

こんな強気なセリフを泣きながら言う姿を見ると、余計に萌えてしまいます。

さらに小柄な巨乳娘だという、ある意味ギャップ萌えも重なりヤバイ攻撃力です。

むしろ、こんな女子校生にいじめられるとかご褒美ではないでしょうか。

なんて事を思いながら、無人島での熊谷先生の反撃シーンを読んでいました。

でも何度イカされても、全然衰えない未海の生意気な口には、ちょっと感心しましたよ。

まあ、これがあるからこそ、いじめられていた教師の復讐シーンが映えるわけですけどね。

いじめっこ女子と無人島に漂流したら3話辺りでは、処女を奪われるだけでなく、おっぱい弄られ乳首だけでイッちゃう未海が印象的でした。

いじめっこ女子と無人島に漂流したら4話は生活編?

いじめっこ女子と無人島に漂流したらは4話になると、島で暮らす熊谷と未海の生活部分がわかります。

何だか意外と細かい設定があるんだなあと、ちょっと驚いちゃいました。

無人島へ彼等が漂着してから数日が経過している模様。

ただ驚いたのは、食料がやたら充実している事でした。

浜辺へ打ち上げられた魚、さらにココナッツなどの木の実とか、割と簡単に生きていく事が可能みたいです。

普通なら、こんな細かい部分はスルーしていくのがこの手の漫画ですが、「いじめっこ女子と無人島に漂流したら」は芸が細かいですね。

いじめっこ女子と無人島に漂流したら4話の状況

いじめっこ女子と無人島に漂流したらの4話では、さりげなく島での生活を紹介しつつ、熊谷先生が未海をいじめまくる姿を描いていました。

娯楽が全くない無人島では、SEXするしか暇つぶしがありません。

特に熊谷先生は、これまで生徒からのいじめに何度も耐える毎日でした。

だから誰にも邪魔されずに、しかもいじめっこ女子を性奴隷にして仕返し出来る生活は最高なのです。

でも、密かに未海にしっかりと栄養を摂取させている所とか、微妙に先生らしく見えました。

あと、だんだん角が取れていく未海の表情が、通常の陵辱漫画とは違う感じがしますね。

とは言っても、別に熊谷と未海がラブラブになっているわけじゃないのが面白いです。

こういった事が、いじめっこ女子と無人島に漂流したら4話の生活編を読んでわかりました。

いじめっこ女子と無人島に漂流したら5話は未海に大きな変化あり

いじめっこ女子と無人島に漂流したらが5話に入りますが、そろそろ無人島調教展開に飽きが来そうなものです。

でも、ここで未海に大きな変化を与えてくれるとか、上手く読書意欲を煽ってくれますね。

熊谷先生は、未海は大事な自分専用オモチャなので、栄養価の高い食事をさせています。

そこだけ見たら、とても優しい先生に見えますよね。

その理由は、単純にハメる相手がいなくなるのはマズいからです。

ある意味、アメとムチという感じですが、食事もエッチぃ事も両方アメみたいになってますね。

舟崎未海は、どんどん自分の意思がなくなってきて、命令無しでは動けないメスのペット化しているので、何だかおかしな解釈を始めます。

おしっこすら熊谷の許可が必要で、しかも恥ずかしいポーズでさせられるくらいです。

舟崎未海の初期状態

そんな屈辱を味わっても、毎回気持ちイイ事してくれる上に、食事もしっかりとさせてくれる先生に惹かれていきます。

うん、何だか性的なペットみたいで、不思議な展開になってきましたね。

いじめっこ女子に無人島で反撃しているうちに、逆に惚れられてきた的な雰囲気ですよ。

しかも1人にされると不安になって1人エッチして快楽に墜ちてしまう未海。

ブラのみ着用でパンツ無し状態で、森の中で自慰行為とか、あまりにもマニアックすぎで訳がわかりません。

当然、水着とかまともな下着もありませんから、かなりスゴイ格好です。

ただ、この辺からの未海の行動は、何だか可愛く見えてきます。

これは最初の頃の胸糞悪さが、どこかへ行ってしまうくらいです。

こうなると、ただのツンデレ美少女ですね。

これが、いじめっこ女子と無人島に漂流したら5話でわかる未海に起こった大きな変化でした。

いじめっこ女子と無人島に漂流したらの6話は従順になった未海に注目だ

いじめっこ女子と無人島に漂流したらの6話は、従順を通り越した未海が先生におねだりしまくります。

激しいいじめっこ女子だった舟崎未海は、熊谷に犯されまくってツンデレキャラに変身。

さらに6話になる頃には、完全服従所か、ただのビッチになって先生の身体を求めます。

あれ?こいつこんなキャラだっけか?と正直思うくらいの激変ぶりですよ。

好きに動けと命じれば、熊谷の上に跨がって、勝手に腰を振って萌え萌えなセリフと共に絶頂します。

その反応が、やたら可愛くなってきたので、先生もすぐにイッちゃうのが面白いですね。

うん、黙っていたら美少女な舟崎さんが気弱で従順になったら、何も文句なんかあるわけないです。

未海を下から攻める熊谷

とりあえずいじめっこ女子と無人島に漂流したらの6話ではデレ過ぎな未海と、小麦色の日焼け跡と肌色部分にハァハァせざるを得ません。

いや、それよりこの女子校生、あまりにも乱れ狂いすぎでしょう。

毎日何発もブチこまれていくうちに、心も身体も先生のモノになった元いじめっこ女子。

さらに自らを動物宣言して、性欲が強いとか言い切っています。

だから今では、放置していても熊谷の所から逃げ出す事は絶対になくなっていますね。

むしろ、喜んで股を開くようになっていて、そのデレ方の破壊力がスゴいです。

もはや、先生への思いが、ヤンデレの域にまで到達していそうな未海さん。

いつでも種付けOKな7話以降の展開が、かなり楽しみですが、ちょっと怖くなってきました。

こうやって、いじめっこ女子と無人島に漂流したらの6話で従順になった未海に注目していると、どんどんハマっちゃいますね。

いじめっこ女子と無人島に漂流したら7話はご奉仕&発情期回?!

いじめっこ女子と無人島に漂流したら7話は、何と先生がぶっ倒れている所を発情期モードの未海がご奉仕する感じで始まります。

いつも熊谷は、新鮮な水と食料を未海に優先して与えていたから、これは当然かもしれませんね。

この事を知っている元いじめっこ女子は、先生に日頃の感謝を込めてお口でのご奉仕を開始します。

いや、これもっとダメージが広がって熊谷先生ヤバいんじゃ・・・?

なんて思っていましたが、特に問題無く気持ち良くなっていました。

いじめっこ女子と無人島に漂流したらのメインキャラ2人は、やたらタフなのです。

舟崎さんは、フェラのテクも上達して、寝込んでいる先生が元気になっちゃうくらいです。

最初の頃と同一人物とは思えないレベルで、このJK変わりまくっていますね。

いじめっこ女子と無人島に漂流した結果の流れ

うん、絶対今いじめっこ女子と無人島に漂流したらの1話を読んだら飲んでるコーヒー噴く自信があります。

しかも、この人倒れているのに、この日11発目とか命がヤバイでしょう。

でも、看病という名のお口プレイは激しく続行されます。

結局、復活した熊谷が、未海を後ろから激しく一晩中突きまくるというオチでした。

もうこの2人、完全に発情期の野生動物級の性欲にまみれていますね。

舟崎さんは、もう危険領域を超えたビッチちゃんになっています。

いじめっこ女子と無人島に漂流したらの中盤から、いちいちセリフがエロくて、イキまくり注意ですよ。

もうこれ完全に受精してますよね。

こんなメチャクチャな展開が、いじめっこ女子と無人島に漂流したら7話がご奉仕&発情期回だと言える理由です。

いじめっこ女子と無人島に漂流したら8話は、まさかの結末だった!?

いじめっこ女子と無人島に漂流したらの最終話に当たる8話は、最初からは想像不能な結末が待っていました。

漂流後、1ヶ月ほどが経過して、遂に救助隊がやってきます。

しかし、このいじめっこ女子と無人島に漂流したらって漫画は、やたらストーリー性がありましたね。

何か細かい設定とか序盤であったから、異様な読み応えがありました。

だから、いじめっこ女子と無人島に漂流したらは、割と長い話になりそうだとは予想していたのですが、ここまでリアルにやってくれるとは思いませんでしたよ。

でも、救助のヘリが来て、救助隊が島に上陸を確認しているのに、彼等はとんでもない行動に出ます。

いや、未海が先生を誘ったと言った方が良いかもしれません。

彼女は日本へ帰る前、最後にもう一度セックスしようとか、スゴい提案をしてきました。

先生が最後だから、時間が無い中、ヤケクソになってレイプする流れではありません。

一見すると、ここまでのいじめっこ女子と無人島に漂流したらと違い純愛系のラブラブな子作りエッチに見えますが、未海のセリフが「訴えてやる」とか言っていて先が読めません。

でも行動自体は先生大好き系とか微妙に萌えますね。

ここまで中出しプレイとかやりまくっておいて、熊谷先生は、最後に未海に対して意外な気遣いを見せます。

「さよならだ」という意味深な言葉を残して、舟崎未海を着衣状態で寝かせて、自らは立ち去るのです。

そして、いじめっこ女子と無人島に漂流したらという物語は、8話でまさかの結末へと向かいました。

いじめっこ女子と無人島に漂流したらの作品基本情報

いじめっこ女子と無人島に漂流したらという電子書籍の作品基本情報は以下の通りです。


【作品タイトル】いじめっこ女子と無人島に漂流したら

【主な登場人物】熊谷(くまがい)教諭、舟崎未海(ふなざきみう)

【作者】小桜クマネコ チンジャオ娘

【電子コミック配信元】ハンディコミック(毎月月額によってポイント追加)

【配信話数】1~8話完結

【購入pt】1話86pt


あと、作者の小桜クマネコ氏のブログの内容をチェックすると、そこに描かれていた絵を見ると、速攻で「いじめっこ女子と無人島に漂流したら」を描いた人なんだなあと納得しました。

何故かと言うと、舟崎未海のような肉付きが良い系の女の子がいっぱいだったからですね。

特にpixivのキャラ達の画像を見ると、いじめっこ女子と無人島に漂流したらのヒロインのような、むっちりなボテ腹とかがお好みである事がわかります。

華奢系のキャラ絵を見ても、しっかりと太もも辺りにお肉がイイ感じで付いていました。

この拘りは、思いきりいじめっこ女子と無人島に漂流したらに活かされていた気がします。

チンジャオ娘氏の方は、ツイッターは見かけますが、特に話題になるネタは見かけず、基本的に作品リリース関係の情報だけですね。

ブログはあるにはありますが、これも新作情報だけといった感じです。

チンジャオ娘氏は、この萌え系アダルトコミック業界では珍しく、あまり表に出ない感じなのかな?

他のエロ漫画作品も良作が多い作家さんだけに、個人的には、是非もっとメディア露出して欲しいのです。

このように、いじめっこ女子と無人島に漂流したらの作品基本情報を知れば知るほど、次回作が気になっていきますね。